コレステロール値が高いと

これまでコレステロール値が高いということを総コレステロール値で見てきましたが、日本動脈硬化学会では、2007年4月に、LDLコレステロール値を採用することになりました。糖尿病など、他に病気のない場合には、LDLコレステロールの正常値を160mg/dl以下としています。

高コレステロール血症

高コレステロール血症コレステロールは細胞膜やホルモンの原料となる重要な存在です。ですが、年齢を重ねるごとに性ホルモンの合成が徐々に少なくなっていき、筋肉も衰えてきます。そのため、コレステロールが余ってしまう状態になります。

コレステロールが過剰になると、高コレステロール血症になってしまいます。何度も書くようですが、閉経後の女性は血中コレステロールが増えていきます。

家族性高コレステロール血症

高コレステロール血症は、高脂血症と同じ物ですが、家族性のものは遺伝によるものになります。家族性高コレステロール血症には2種類あり、ホモ型とヘテロ型があります。

その中のホモ型と呼ばれるタイプが、両親のコレステロール値の高くなる遺伝子を持っていて、子供に受け継がれたものです。両親のどちらかの高コレステロールの遺伝子を受け継いだ場合は、ヘテロ型と呼ばれるケースになります。

ページの先頭へ

肥満が原因に

肥満が原因にいきなりですが、肥満を解消することにより、高かったコレステロール値は確実に減少します。反対に言うと、コレステロールを下げる食事をしていると、肥満が解消されます。

HDLコレステロールは肥満になると減少します。反対にLDLコレステロールが増加してしまいます。コレステロールと肥満は大きく関係しているというわけです。

肥満になることは、体に良いことはありません。中性脂肪の増加や内臓脂肪、脂肪肝なども心配されます。健康な体でいるために、肥満にならない努力、HDLコレステロールを減らさない努力をしなければいけません。

適度な運動は肥満解消にもなりますし、HDLコレステロールを増やしてくれる効果があります。ぜひ、軽い運動を毎日続けることを心がけましょう。

ページの先頭へ

コレステロールと中性脂肪

コレステロールと中性脂肪ここで少しコレステロールと中性脂肪の違いを紹介していきましょう。両方、体の中に存在する脂質の一つなのですが、コレステロールは生命の維持に欠かせない脂質で、様々なホルモンや細胞壁の原料になっていることは何度もお話してきました。

また、胆汁やビタミンDを生成するのに欠かせないものです。血液の中では、LDLやHDLに包まれて存在しています。食べ物から摂取するよりも、大部分が体の中で作られているものです。

一方、中性脂肪は貯蔵脂質と呼ばれるもので、エネルギー源として使われる脂質です。食べ物などから摂取した糖質やたんぱく質、脂質などの余分なものが、皮下脂肪組織や肝臓に蓄えられるのが中性脂肪です。エネルギーが不足すると、脂肪酸とグリセロールに分解されます。

どちらもエネルギー源として活用されるのですが、脂肪酸は体中の臓器で、グリセロールは肝臓で活用されます。この中性脂肪が血液中に増加すると、HDLコレステロールが減少してしまいます。過剰に増えすぎた中性脂肪をそのままにしておくと、これも様々な病気を呼んでしまいます。

食事内容を改善するだけで、中性脂肪は減らすことができます。と、いうことは、HDLコレステロールが減らずに住むということです。中性脂肪に気を使った食事は、HDLコレステロールを減らさない食事でもあるということです。

中性脂肪がきになるのであれば、砂糖や果物、アルコールの量を減らしてみましょう。全くやめる必要はありません。気をつけて量を減らすだけで、中性脂肪を溜め込まずに済むのです。反対に、魚介類やリンゴなどを食べるといいでしょう。特にリンゴは中性脂肪を減らす効果があると言われているくらいです。

ページの先頭へ