卵とコレステロール

卵? マヨネーズ? 医者からコレステロールを減らすように言われているから、あまり食べないようにしている人はいませんか? 確かに卵もマヨネーズもコレステロールたっぷりの食品です。また、食べたからと言って、本当にコレステロール値が上がってしまうのうか気になりますね。

毎日卵を食べると…

毎日卵を食べると…卵を毎日食べる? あんなにコレステロールが多いのにとんでもない……そんな声が聞こえてきそうですが、このサイトをここまで読み進めてきた人であれば、その答えはもうお分かりですね? 

確かに卵にはコレステロールが豊富に含まれています。けれど、コレステロールを多く含む食品=コレステロールを体内で増やす食品ではないということがもうお分かりですね? 

確かに食べすぎは良くないかもしれませんが、たまごにはコレステロールのほかにもたんぱく質や様々な栄養素が含まれています。毎朝2個は食べましょうと提唱する人もいるくらいです。

コレステロールが腸から吸収される量は決まっています。量にすると300〜500mgですが、Mサイズの卵に含まれるコレステロールの量は約200mgです。ですから、卵を食べたからと言って、コレステロール値が上がらないということが分かるでしょう。自分で食品をセーブしても、元々大部分が体内で作られるので、卵のコレステロール量は、度を越さなければ気にしなくてもいいのではないでしょうか。

ページの先頭へ

卵がLDLコレステロールを減らす?

卵がLDLコレステロールを減らす?LDLコレステロールが過剰になると、動脈硬化を起こしやすいと言うのは、このサイトでも何度も言ってきました。卵がコレステロール値を上昇させないということも、もうお分かりでしょう。

では反対に、卵がLDLコレステロールを減らす作用があるとしたら? どうですか? 驚かれませんか? どういったメカニズムが働くのでしょうか。

黄身に含まれるコリン

卵の黄身は、生や半熟の状態で口にすると、とてもなめらかでコクのあるものです。黄身にはコレステロールなどの脂質が豊富に含まれていて、これらの卵黄脂質をレシチンと呼んでいます。

このレシチンの中に『コリン』という成分があり、体に良い効果があるといわれていて、高血圧の改善、脳の活性化、痴呆の防止などがあり、動脈硬化の防止もその一つなのです。このコリンには乳化作用があり、相性の合わない水と油を混ぜ合わせる働きがあります。これを応用したものがマヨネーズです。

コリンは血液の中に入っても、この乳化作用がそのまま持続します。そのため、動脈の壁にへばりついているLDLコレステロールを血液に溶け込ませ、体の外に排出する働きをします。更に、血液の中にコレステロールなどの脂質が増えると、血液がどろどろになって固まりやすくなりますが、コリンの乳化作用で固まりにくくなりますので、動脈硬化を防ぐことができるのです。

ページの先頭へ

マヨネーズとコレステロール

マヨネーズとコレステロールコレステロールたっぷりの卵の黄身を使って作られるマヨネーズ。コレステロールの摂取量を気にしている人は、マヨネーズよりもノンオイルドレッシングを!と言う人がいるでしょう。

上で紹介した通り、卵の黄身には動脈硬化を防止する働きがあることが分かっています。その卵の黄身を使って、コリンの乳化作用を利用して、卵、酢、油で作られているマヨネーズは、コレステロールを増やさないばかりか、動脈硬化の予防にも役立つのです。

どうしてもマヨネーズに含まれるコレステロールや油分が気になる人は、機能性食品として、同じマヨネーズでもカロリーハーフのものや、コレステロールの入っていないマヨネーズも販売されていますので、そのようなマヨネーズを使ってみてはいかがでしょうか。

マヨネーズで有名な某メーカーでの調査では、1日15gのマヨネーズを摂取し、総コレステロール値と、LDLコレステロール値を測定したところ、数値が減少したという実験結果が出ています。

ページの先頭へ