LDLコレステロールとHDLコレステロール

コレステロールはLDLコレステロールとHDLコレステロールに分けられ、悪玉コレステロール、善玉コレステロールとも呼ばれています。LDL、HDLはコレステロールそのものではないというと驚かれるでしょうか。コレステロールはリポタンパクに包まれて血液中を移動します。LDLとHDLはコレステロールを運ぶリポタンパクの種類になるのです。LDLに運ばれるコレステロールはLDLコレステロール、HDLに運ばれるコレステロールはHDLコレステロールと呼ばれるのです。

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)LDL(低比重)コレステロールは悪玉コレステロールとも呼ばれています。体に必要なはずのコレステロールなのに、悪玉と呼ばれるのはどうしてなのでしょうか。

LDLはコレステロールを細胞へ運ぶという働きをしています。とても重要な役割をしていて、LDLコレステロールそのものは、決して悪いものではありません。

ただ、LDLコレステロールが必要以上に多くなってしまうと、体の細胞にコレステロールを運ぶという性質上、必要以上に細胞や血液の中にコレステロールがたまって酸化してしまい、動脈硬化などの原因になることから、悪玉コレステロールと呼ばれているのです。

中性脂肪が増えることで下に出てくるHDLが減少し、過剰になったLDLコレステロールを回収できなくなってしまいます。そうなると益々動脈硬化が進行してしまうのです。女性の場合、閉経を迎えるとエストロゲンが減少するため、LDLコレステロールを分解する機能も低下してしまいます。閉経後の年代から高脂血症が多くなるのはこのためです。

ページの先頭へ

HDLコレステロール(善玉コレステロール)

HDLコレステロール(善玉コレステロール)HDL(高比重)コレステロールは血液の中のコレステロールや、体中の末梢組織の血液の壁にこびりついているLDLを回収するという役割があります。

HDLが善玉コレステロールと呼ばれるのは、HDLコレステロールが多いと動脈の壁にコレステロールがたまりにくいために、動脈硬化の予防にもなるということから、善玉と呼ばれているのです。

先にも述べましたが、中性脂肪が増えることによって、この善玉コレステロールが減少してしまいます。LDLコレステロールを回収するHDLコレステロールが減るということは、血液の中や、血管の壁にこびりついたコレステロールを回収できなくなりますので、そう脈効果が進むと言われています。

HDLコレステロールが軽い運動を続けることで増えていきますが、反対に、運動不足やたばこ、肥満などでも減少してしまいます。

ページの先頭へ

コレステロールがなぜ体に悪いと言われるのか

LDLコレステロールも適度の量なら、決して悪いものではないということが分かってきました。しかし、やはり量が過剰になると体に様々な影響が出てきます。健康診断で出される、総コレステロールの数値だけを気にしていてはいけないということです。

健康体であれば、LDLコレステロールとHDLコレステロールのバランスがとれています。このバランスが崩れてLDLが増えてしまうということを避けなければいけません。HDLコレステロールは全身で余っているコレステロールを回収する働きがありますが、LDLにはこうした働きがありません。コレステロールが体に悪いというのではなく、LDLと呼ばれる悪玉コレステロールの増加が体に悪いというわけです。

ですが、あくまでも過剰な場合であり、LDLコレステロールも私たちの体にはなくてはならない成分だということを忘れてはいけません。コレステロールが体の中で悪さをするのは、かなりの量が過剰になって蓄積されなければ悪い物ではないということを覚えておきましょう。

ページの先頭へ