正しい知識を身につけよう!



コレステロール

健康診断の結果を見て『数値が高かったよ〜!ヤバイな〜!』と、話している人がいますが、コレステロールって悪者なのでしょうか。コレステロールのことをちゃんと知ると、体には必要なものだということが分かるはずです。この成分が私たちの体の中で、どんな働きをしているのか、どうして悪者扱いされるのかをこのサイトで紹介していきましょう。

コレステロールについて

基礎知識コレステロールとはどんなものなのか、体にとって必要なものなのか、体のどの部分に多く存在しているのか知っていますか?
ただ数値が高いからダメだというものではありません。いらないコレステロールばかりではなく、身体に必要なコレステロールもあるのです。

大事なのはバランス

コレステロールの種類

コレステロールは私たちの生命を維持するために、とても重要な役割をしています。悪玉コレステロールと呼ばれているLDLは、ビタミンDの生成、細胞膜、胆汁酸、ステロイドホルモン、性ホルモンなどはコレステロールから作られています。

ところが、このLDLコレステロールが血液の中で増えすぎると、傷ついた血管の壁につき、血流を悪くしたり、動脈硬化を起こしたりします。必要なものなのに、増えすぎると身体に悪影響があるということです。ですから、バランスが大事なのです。

薬でコレステロール値を下げる?

コレステロールの数値

食生活や運動などでコレステロール値を下げるくらいなら、薬で楽して下げたほうがいい!そういう人もいるかもしれません。ですが、基本は食事療法と運動療法になります。

LDLコレステロール値を下げる薬は副作用も強く、軽いものでも筋肉痛が酷くでたりしますし、薬を飲んでも食事療法、運動療法は継続して行わなければいけません。

薬の副作用

多かれ少なかれ、薬には副作用というものがつきものですが、コレステロール値を下げる薬には、胃腸障害や肝機能障害を起こす場合がありますが、スタンチン系の薬では、横紋筋融解症と呼ばれる、筋肉への副作用があります。手足に痛みやだるさが起こり、筋肉痛のような痛みで動けなくなる人もいるようですので、注意が必要です。

ページの先頭へ